気になる話題・注目の商品・趣味に興味ありTOP ⇒ 三谷幸喜 マジックアワー

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 スポンサー広告 トラックバック:- コメント:-

三谷幸喜氏が考える「ザ・マジックアワー」とは

三谷幸喜氏が考える「ザ・マジックアワー」とはどのようなことか?

それは、「誰の人生にも、輝く瞬間がある」と考える、暖かいまなざしなのである。
それはおそらく、自分の人生からも学んだものであると考えられる。

映画監督作品としては4本目となるのがこの「ザ・マジックアワー」である。
街を牛耳るのがボス役の西田敏行。そしてその愛人・マリ役が深津絵里。
そのマリに手を出して、命を狙われる男・備後役が、妻夫木聡。

そして今回のメイン役となって登場するのが、佐藤浩市。彼は売れない俳優で、
スターを夢見る村田役として登場する。

登場人物それぞれが、自分たち人生の中のマジックアワーを求めてふん闘ぶりが
コメディタッチで描かれているのです。


マジックアワーなので、手品に関することかと
おもいきや、そうではありません。
でも、三谷幸喜氏もこの映画のキャンペーンで
手品を覚えてたそうです。手品に興味がある人はコチラ
手品のススメ


キーワード 三谷幸喜 楽天 

スポンサーサイト

2008年06月18日 三谷幸喜 マジックアワー トラックバック:0 コメント:0

三谷幸喜氏 仕事を辞めた次の日に「やっぱり猫が好き」の依頼がきたのだった。

当時の三谷幸喜氏は自問自答の連続であった。

芽がでない放送作家時代をすごし、自問自答を繰りかえした末、
芝居に専念しよう思い、放送作家を辞めることを、当時の社長に話たそうです。

そうしたら、その次の日に「やっぱり猫が好き」を書かないか?
という話が舞い降りてきたとのことです。

三谷幸喜氏本人も今だに不思議な瞬間であったと、
振り返ることがよくあるとのことだ。

あとから聞くと、あるプロデューサーが三谷幸喜氏の芝居を見たとき、
「仕事をやらせてみよう」と思ったことから始まった出来事であった。
「やっぱり猫が好き」という番組の記憶が残っている人も多々いることと思う。

1980年代の後半を代表とする深夜番組である。

たしかフジテレビ系での放映されていたものだ。
出演者は、小林聡美、室井滋、もたいまさこ、ら。
そうそう、小林聡美は、後にこの三谷幸喜と結婚することになったのだ。

そしての「やっぱり猫が好き」がきっかけに、いままで芽が出なかった三谷の
才能が一気に開花し、それまでの環境から一変することとなったのだった。





キーワード 三谷幸喜 楽天 


2008年06月17日 三谷幸喜 マジックアワー トラックバック:0 コメント:0

三谷幸喜氏の「お笑いマンガ道場」時代

三谷幸喜氏は20代のはじめころに、劇団を旗揚げしたのだ。

劇団名は「東京サンシャインボーイズ」である。
まったくお客さんが入らないという経験をしていたのだ。

同世代の劇団からは芸能界入りを果たした人物もいるなかで、
自分は途中で一回解散をするなどもしていたのだ。

当時の三谷幸喜氏は、劇団をしながら、一方では、放送作家も行っていたのです。
まさに2足のわらじをはいた生活をしていたのですね

でも実は、この放送作家のほうはぜんぜん向いなかったのです。
会議では、アイデアは採用されず、またぜんぜん発言することすらできなかった
日々が続いていたのです。

三谷幸喜氏は川島なお美も出演していた「お笑いマンガ道場」を
担当していた。

三谷幸喜氏は当時の人気番組であった「お笑いマンガ道場」を
担当していたことがありました。
しかし、放送作家には向いていないと思っていたこのころは、
毎回問題を作ってプレゼンをしていた。

しかし、模範解答も一緒に提出するのだが、
一度も採用されなかったのでした。しかもこの番組を
5年間も担当していたのだが、一度も採用されたことがなかったのだった。
当時は、本当にお金をもらうことがもうしわけないとおもったくらい、
まったく芽がでない日々を過ごしていたのだった。







2008年06月17日 三谷幸喜 マジックアワー トラックバック:0 コメント:0

三谷幸喜氏は大学在学時代から、劇団と構成作家をこなす。

三谷幸喜氏は大学在学時代から、劇団を結成していました。

また、テレビドラマでは「王様のレストラン」「古畑任三郎」などを
世に発表してきた。

いずれも人気番組であった。

映画製作については、原作、脚本、そして監督もこなすという
マルチな才能を発揮してきた。

三谷幸喜氏の作品は、抱腹絶倒の作品であり、世間の評価も高いといわれる。
これには私も全くの同感である。どの作品も笑いや感動を人々にもたらしてくれるのだ。

今や、三谷幸喜氏は、ヒットメーカーとして有名な人物となったが、そんな三谷氏にも
苦悩の日々を過ごしていた時期があったのだ。

それはテレビの構成作家としての時代である。
彼の原点は、当時の人気番組の「お笑いマンガ道場」であったのだ。







2008年06月16日 三谷幸喜 マジックアワー トラックバック:0 コメント:0

マジックアワー三谷幸喜氏のシューマイ手品

マジックアワーの監督・脚本の三谷幸喜氏。

とても多くの才能を持った人である。演劇からはじまり、
テレビそして、映画へと次から次への質の高い作品(コメディ)を
世に送りだす天才である。

そんな三谷幸喜氏が今回、世間に発表したのが、
「ザ・マジックアワー」という映画である。

この「ザ・マジックアワー」というキャンペーンのために、
彼は最近よくテレビに出演していました。

そして、マジックアワーは手品の映画ではないのだが、宣伝のきっかけにと、
よくマジックを披露していました。

私が見たのは、セロのマジック革命で、ゲストで登場していたときと
小堺一機のごきげように出演していたときのこのことでした。

鼻からグリンピースを出し、ティッシュペーパーを手の中に入れて、
先程出したグリンピースも一緒に手の中に入れ、
手を広げるとシューマイが現れていました。
「これでオシューマイ!」なんて言うともっと盛り上がりそうでしたね。

手品に興味があるならこちら
手品のススメ






2008年06月16日 三谷幸喜 マジックアワー トラックバック:0 コメント:0

| 気になる話題・注目の商品・趣味に興味ありTOP |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。