気になる話題・注目の商品・趣味に興味ありTOP ⇒ 亀田

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 スポンサー広告 トラックバック:- コメント:-

亀田大毅の謝罪会見でなく謝罪囲み?

亀田大毅謝罪会見は謝罪ではないですね。金平会長は
「これは謝罪囲み」だとのこと。

亀田大毅は毛皮のコートで謝罪会見の会場であるジムに
向かった。

何か考えは変わったか?というという質問に対して、
亀田大樹は「すべてが変わった」ということだけ。

会見は4分28秒で終了した。

「これは謝罪会見ではなく、謝罪囲み」と金平会長が発言。

練習再開時にはあらためて謝罪会見をおこなうというふう
に10月に金平会長が申し上げたはずである。

記者の質問に対しては「別に」「だから」「あのー」とい
うことを発していた亀田大毅。

とっても悪い印象ですね。

金平会長の「大ちゃん」発言。

やはり亀田大樹は金の成る木なのだろうか。会長が選手の
強く言うことができない関係でこれから選手は伸びていく
のだろうか?

記者からの「内藤選手にはどのように謝ったのか?」
という質問に対しては、亀田大毅は「(本人に)聞い
てみれば?」という発言。

これってかなり印象悪すぎですね。

ファッション界のゴッドファーザーであるドン小西
がいうには「安物の毛皮」とのこと。

薬師寺保栄がいうのは、世界戦に出るにはほど遠い実力で
ある。

スポンサーサイト

2007年12月01日 亀田 トラックバック:0 コメント:0

亀田大樹の謝罪会見で気になったこと

亀田大樹選手の謝罪会見でちょっと気になったのが、
亀田大樹選手と金平会長が握手をしたときには、

亀田大樹選手は、金平会長とは目を合わせなかったですね。

そして、亀田大毅選手は開口一番「皆様、お騒がせして申し
訳ございませんでした。」と不深々と礼をした。

そして、「一(いち)からでなく、ゼロからスタートしたい。
ファンの皆様応援よろしくお願いします」と述べた。

あれ?反則についてなどの謝罪ではなかったのかな?と
疑問に思った方も多数いるかと思いますよね。

そのあとで、兄である亀田興毅選手が「大毅もだいぶんね、
気持ちも切り替えて今日からゼロからスタートすると自分
も言うてるし、ファンの皆さん、亀田家をこれからも応援
してください。よろしくお願いします」と申し上げた。

あとは金平会長が「二人を暖かい目でみてほしい」とコメント。
これで終わり。

ものの10分程度?これって本当に謝罪会見だったのかな?
と思うような感じで終わりましたね。

2007年12月01日 亀田 トラックバック:0 コメント:0

亀田大毅の謝罪会見が本日ありましたが本当に謝罪なの?

亀田大毅謝罪会見が11月30日にありましたね。

世界戦から約50日ぶりにテレビにも登場してきました。

亀田大毅のコメントには「一(いち)からでなく、ゼロ
からスタートしたい。ファンの皆様応援よろしくお願い
します」

とのことであった。

なかなか気の利いた言葉を発したようですが、率直に思った
ことだが、これって謝罪会見なの?と思った。

11月30日は午後2時からの謝罪会見の予定であったが、
午後1時50分ごろから始まった。

長男の亀田興毅の謝罪会見のときは、車が渋滞して、謝罪会見
が遅れたが、弟の場合は、予定よりも早かったのですね。

亀田大毅選手の謝罪会見のときの服装は、黒のハイネックの
ニットシャツ。

なんだか会見するような雰囲気の服装ではなかったような感じ
です。

そして、金平桂一郎会長と、そして長男の亀田興毅とともに
現れました。

2007年12月01日 亀田 トラックバック:0 コメント:0

亀田史朗氏の謝罪会見で納得できないところ

亀田家の謝罪会見が昨日おこなわれました。

テレビの前に出てきたのは亀田内藤世界タイトル戦以来
ですね。

一応亀田家謝罪会見ってなっていましたけど、あの会見って
本当に謝罪会見として成り立つのでしょうか?

世間では早急に公の場で謝罪するべきであると言われて、
出てきたようにも思えます。

それから、謝罪内容でとても気になったのは、亀田史朗氏
が何か言うたびに「とりあえず・・・」と付け加えてから、
言う言葉ですよ。

「とりあえず反則行為は指導していく」「とりあえず亀田
スタイルは変えない」など亀田史朗さんは何かにつけて
「とりあえず」という言葉を付け加えるのは何か誰かに言
わされているように聞こえてなりません。

世間では、このような謝罪会見のやり方を教える企業もあり
ますから、よけいなことは言わずにこのように言うように
と指導なんかされているんじゃないでしょうかね。

謝罪というよりも何か質疑応答会見だったような気がしました。

2007年10月20日 亀田 トラックバック:0 コメント:0

亀田大毅選手のサミングという反則行為とは

亀田大毅選手が行っていた反則行為のサミングが注目
されていますね。

このサミングとは何なのでしょうか?サミングとは、親指
を突き立てて目を狙っていく行為のこと。

サムはThumb(親指)からきています。今のグローブは
サミングできないように親指のところが縫い付けてあります。

しかし、今回の亀田大毅選手がおこなったものは、レフリー
が見えない角度から、内藤選手の目をぐりぐりと狙って
サミングを行っていたのです。

内藤選手の目が以前と腫れているのは、亀田大毅選手の
パンチがあたったというよりは、このサミングが原因で
腫れているのである。

この行為が繰り返されると、網膜はく離や目が見えなく
なる可能性もあるのです。

そのため選手生命の危機にも追いやられる危険性もある
ものを、亀田大毅選手は平然と内藤選手に繰り返してい
たのです。

2007年10月19日 亀田 トラックバック:0 コメント:0

| 気になる話題・注目の商品・趣味に興味ありTOP |

» 次のページ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。