気になる話題・注目の商品・趣味に興味ありTOP ⇒ バンダイ デジタルリビングギャラリー

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 スポンサー広告 トラックバック:- コメント:-

自宅で名画の美術鑑賞ができるのは、デジタルリビングギャラリーです。

自宅でゴッホやルノワールなどの名画の美術鑑賞ができる、
液晶画名の15インチデジタルフォトフレームが
バンダイのデジタルリビングギャラリーです。

発売日は2009年1月30日(金)です。

価格は定価の値段で52,290円(税込)です。

でじたるりびんぐギャラリーには、ゴッホかルノワールの
絵画ソフトがついてきます。

日本未公開絵画も含めてそれぞれ30枚の絵画が
このデジタルフォトフレームで見ることができます。

スライドショー形式で、音声解説やBGMも流れます。

また、絵画ソフトのみの購入も別売りで可能となります。

1月30日に同時発売で、ゴッホ、ルノワールが販売されます。

名画ソフトシリーズはこれからも発売されていく予定となっています。

名画ソフトの価格は4,980円です。


↓詳細はこちらでも紹介しています。
デジタルリビングギャラリー(Digital Living Gallery)のレビュー
Digital Living Galleryバンダイの購入
Digital Living Gallery バンダイにはルノワールとゴッホの絵画ソフト別売り
でじたるりびんぐぎゃらりーはバンダイのデジタル・リビング・ギャラリー
バンダイのDigital Living Gallery(デジタルリビングギャラリー)の楽しみ方



タグ




スポンサーサイト

2009年01月29日 バンダイ デジタルリビングギャラリー トラックバック:0 コメント:0

デジタルリビングギャラリーの使い方

デジタルリビングギャラリーの使い方について紹介します。

バンダイのデジタルリビングギャリーは電源は
コンセントプラグを使いますので、
コンセントプラグのあるお部屋に設置することになります。

付属の絵画ソフト(SDカード)を本体の背面にカードスロットが
ありますので、そこへ差し込むことになります。

そうするとスライドショーがはじまります。

表示時間は約32分です。

操作のほとんどはリモコン操作で行います。

また、あなたが撮影したデジカメ画像でも、
スラドショーとして見ることもできますし、

表示速度を早くしたり、遅くしたりすることもできます。

本体サイズは縦43×横35.5×厚5.5cmです。

絵画を飾るようにお部屋のインテリアとしても最適な
フォトフレームかと思います。

デジタルリビングギャラリーの詳細はコチラでも紹介
デジタルリビングギャラリーの価格と概要について
デジタルリビングギャラリーの通信販売での購入はコチラ
自宅で絵画鑑賞ができるのはバンダイのデジタルリビングギャラリー
デジタルリビングギャラリーの使い方や楽しみ方について
デジタルリビングギャラリー名画ソフトはルノワールとゴッホ

2009年01月28日 バンダイ デジタルリビングギャラリー トラックバック:0 コメント:0

バンダイ デジタルリビングギャラリーで絵画・美術鑑賞が楽しめる

バンダイのデジタルリビングギャラリーでは
絵画ファン、美術ファンのための
自宅で鑑賞をすることができる、
デジタルフォトフレームです。

15インチの液晶画面から映し出される絵画は 
原画とほぼ同等の色彩や精細さや、
油絵ならではのオウトツやひび割れといった
こまかい部分を忠実に再現し、


よりリアルな作風を画面上で表現されたものです。


昨今の日本国内における美術館訪問客数をご存知でしょうか?


およそ年間で400万人の入場者が
絵画鑑賞に訪れているといわれています。


しかし、日本国内で、世界的に有名な巨匠といわれる
方々が描いた絵画の常設展示をしている美術館は
それほどおおくはないのです。


およそ年間で150万人の美術ファンの方々が
海外の美術館をめぐるといわれおります。

そんな方々のための自宅で楽しむことができる、
デジタル絵画ギャラリーが

バンダイのデジタルリビングギュラリ―なのです。

商品一覧はコチラ
デジタルリビングギャラリー



タグ

2009年01月26日 バンダイ デジタルリビングギャラリー トラックバック:0 コメント:0

デジタルリビングギャラリーの購入はコチラ

バンダイから2009年1月30日販売される
デジタルリビングギャラリーの購入先は
コチラで紹介しています。

デジタルリビングギャラリー(Digital Living Gallery)の
主な対象は、絵画ファンおよび美術ファンという方々です。

美術鑑賞を自宅でできる身近に楽しむことができるものとして、
販売されたものです。

サイズにつきましては、15インチ(縦43cm×横35.5cm×厚さ5cm)で
液晶画面となっています。

付属されているソフトでルーヴル美術館やオルセー美術館等が
所蔵している絵画作品がBGM付き解説音声で
楽しむことができるのです。

本体の背面にメモリーカードスロットがありますので、
その場所にSDカードである専用ソフトを差し込んで
鑑賞することができるのです。


↓商品購入一覧はコチラ
デジタルリビングギャラリー バンダイ



タグ

2009年01月25日 バンダイ デジタルリビングギャラリー トラックバック:0 コメント:0

バンダイのデジタルフォトフレームがe-morningのHATSU-MONOで紹介

バンダイのデジタルフォトフレームの新しく
販売されるデジタルリビングギャラリーが


2009年1月19日放映のイーモーニング
(e-morning)のHATSU-MONO(はつもの)で
紹介されていました。


デジカメで撮った写真を飾るなら
バンダイのデジタルフォトフレーム
のデジタルリビングギャラリーです。

このデジタルフォトフレームは額縁をデザインしたものです。


絵画も鑑賞できるのです。価格は52,290円です。


デジタルカメラで撮影した画像データを、
このバンダイのデジタルフォトフレーム本体で
簡単に再生することが可能です。


面白いのは縦置き、横置きで
再生される画像データが自動で縦横調整される機能が
内蔵されているところです。


狭い部屋に住んでいる方には、何枚も写真を飾ることが
できませんね。

そんなときにも、このデジタルフォトフレームがあると
ひとつの画面でいろいろスライドしながらも楽しめるので
いいですね。


また、世界の名画が鑑賞できるSDカード専用ソフトがついてきます。

↓商品一覧はコチラ
バンダイ デジタル リビング ギャラリー



タグ

2009年01月24日 バンダイ デジタルリビングギャラリー トラックバック:0 コメント:0

| 気になる話題・注目の商品・趣味に興味ありTOP |

» 次のページ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。