気になる話題・注目の商品・趣味に興味ありTOP ⇒ スポンサー広告 ⇒ 三谷幸喜氏の「お笑いマンガ道場」時代 気になる話題・注目の商品・趣味に興味ありTOP ⇒ 三谷幸喜 マジックアワー ⇒ 三谷幸喜氏の「お笑いマンガ道場」時代

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 スポンサー広告 トラックバック:- コメント:-

三谷幸喜氏の「お笑いマンガ道場」時代

三谷幸喜氏は20代のはじめころに、劇団を旗揚げしたのだ。

劇団名は「東京サンシャインボーイズ」である。
まったくお客さんが入らないという経験をしていたのだ。

同世代の劇団からは芸能界入りを果たした人物もいるなかで、
自分は途中で一回解散をするなどもしていたのだ。

当時の三谷幸喜氏は、劇団をしながら、一方では、放送作家も行っていたのです。
まさに2足のわらじをはいた生活をしていたのですね

でも実は、この放送作家のほうはぜんぜん向いなかったのです。
会議では、アイデアは採用されず、またぜんぜん発言することすらできなかった
日々が続いていたのです。

三谷幸喜氏は川島なお美も出演していた「お笑いマンガ道場」を
担当していた。

三谷幸喜氏は当時の人気番組であった「お笑いマンガ道場」を
担当していたことがありました。
しかし、放送作家には向いていないと思っていたこのころは、
毎回問題を作ってプレゼンをしていた。

しかし、模範解答も一緒に提出するのだが、
一度も採用されなかったのでした。しかもこの番組を
5年間も担当していたのだが、一度も採用されたことがなかったのだった。
当時は、本当にお金をもらうことがもうしわけないとおもったくらい、
まったく芽がでない日々を過ごしていたのだった。







2008年06月17日 三谷幸喜 マジックアワー トラックバック:0 コメント:0

<< 三谷幸喜氏 仕事を辞めた次の日に「やっぱり猫が好き」の依頼がきたのだった。 | 気になる話題・注目の商品・趣味に興味ありTOP | 三谷幸喜氏は大学在学時代から、劇団と構成作家をこなす。 >>












管理者にだけ公開する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。