気になる話題・注目の商品・趣味に興味ありTOP ⇒ スポンサー広告 ⇒ たむけんの焼肉店食中毒の「カンピロバクター菌」とは 気になる話題・注目の商品・趣味に興味ありTOP ⇒ 芸能・タレント ⇒ たむけんの焼肉店食中毒の「カンピロバクター菌」とは

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 スポンサー広告 トラックバック:- コメント:-

たむけんの焼肉店食中毒の「カンピロバクター菌」とは

たむけんの焼肉店で発生したカンピロバクター菌とは、
食中毒菌です。

ウシやヒツジなどの家畜に存在し、流産や腸炎を起こす
菌として知られています。動物の腸管の中に住んでいます。

人間に感染すると、発熱や嘔吐、腹痛、下痢、血などの
症状が出ます。

初期症状は風邪と間違われることもあります。

治療すると多くの患者は1週間で回復しますが、
若齢者や高齢者、その他抵抗力の弱い人は、
重症になる可能性が高いので注意が必要です。
この菌の特徴は、潜伏時間が一般に2~5日間
とやや長いことです。


2008年07月29日 芸能・タレント トラックバック:0 コメント:0

<< たむらけんじのカンピロバクター菌感染しないためには | 気になる話題・注目の商品・趣味に興味ありTOP | たむけんの焼き肉店「炭火焼肉たむら名古屋店」が食中毒で営業禁止処分に >>












管理者にだけ公開する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。