気になる話題・注目の商品・趣味に興味ありTOP ⇒ スポンサー広告 ⇒ 金曜ドラマ 歌姫の長瀬智也の2役目は映画技師 気になる話題・注目の商品・趣味に興味ありTOP ⇒ 金曜ドラマ 歌姫 ⇒ 金曜ドラマ 歌姫の長瀬智也の2役目は映画技師

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 スポンサー広告 トラックバック:- コメント:-

金曜ドラマ 歌姫の長瀬智也の2役目は映画技師

ドラマの歌姫の場面は変わって、昭和30年代に
なります。

長瀬智也の2役目の人物は、名前を四万十太郎という。
太郎は映画館「オリオン座」の映写技師。

オリオン座には主人である、高田純次演じる岸田勝男
という人物、その妻は風吹ジュン演じる岸田浜子、
その娘役には相武紗季が演じる、岸田鈴とそして、
長瀬智也演じる四万十太郎と4人で暮らしていた。

四万十太郎は本名ではない。太郎は昔の記憶がないの
である。

それは、10年前に土佐の海岸で死に掛かって倒れて
いたところを岸田勝男によって助けられたときに、
すでにそれ以前の記憶が無かったのであった。

また、同じ屋根の下に暮らす、太郎と鈴。
ふたりとも口が悪く互いに憎まれ口を叩くが、
実はひそかに鈴は太郎に恋心を抱いていた
のだった。


2007年09月21日 金曜ドラマ 歌姫 トラックバック:0 コメント:0

<< ドラマ歌姫の長瀬智也と相武紗季 | 気になる話題・注目の商品・趣味に興味ありTOP | 沢尻エリカちゃんが男性にきゅんとする瞬間は >>












管理者にだけ公開する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。