気になる話題・注目の商品・趣味に興味ありTOP ⇒ スポンサー広告 ⇒ 沢尻エリカのクローズドノートの万年筆のこだわり 気になる話題・注目の商品・趣味に興味ありTOP ⇒ 沢尻エリカ ⇒ 沢尻エリカのクローズドノートの万年筆のこだわり

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 スポンサー広告 トラックバック:- コメント:-

沢尻エリカのクローズドノートの万年筆のこだわり

沢尻エリカ主演の映画クローズドノートに使われている
美術品には数々のスタッフのこだわりがあるようだ。

本当に一つ一つのシーンだけでなく、いろいろな
アイテムにも気を遣っているのですね。

その一つは万年筆。このクローズドノートの撮影
のために用意された万年筆はなんと700本である。

その中には映画のためだけに作られたオリジナルの
万年筆もあるそうだ。

イタリア製のデルタ社のドルチェビータミニなども
用意された。

ちなみに、「ドルチェビータ」とは、南イタリアの
伝統的職人が、地中海の太陽の下、あざやかなオレ
ンジのレジンのブロックを手作業で作成したペンの
ことである。

万年筆の話題になったら、イタリア製 DELTA(デルタ)
のドルチェビータと覚えておくと良いでしょう。

堀井香絵(沢尻エリカ)のアルバイト先の万年筆店は
イマヰ(イマイ)万年筆というのだが、このお店は
もともと、京都の老舗の洋菓子店である「村上開新堂」
というお店を借りて、万年筆屋さんとして撮影された。

美術スタッフの手によってすばらしいイマヰ(イマイ)
万年筆店に変わりましたね。

2007年09月28日 沢尻エリカ トラックバック:0 コメント:0

<< 沢尻エリカのクローズドノートのイラストへのこだわり | 気になる話題・注目の商品・趣味に興味ありTOP | 沢尻エリカからみた、クローズドノートの堀井香絵とは >>












管理者にだけ公開する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。