気になる話題・注目の商品・趣味に興味ありTOP ⇒ スポンサー広告 ⇒ 筆談ホステス 北川景子 気になる話題・注目の商品・趣味に興味ありTOP ⇒ テレビの話題 ⇒ 筆談ホステス 北川景子

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 スポンサー広告 トラックバック:- コメント:-

筆談ホステス 北川景子

筆談ホステスの斎藤理恵さん
を演じた主演の北川景子さん
とっても熱演でした。

2歳のときに髄膜炎になって耳が聞こえなくなりました。
高校でもうまくコミュニケーションをとることができず、
高校を中退してしまいました。

その後、洋服屋に勤めました。
苦労しながらも、お客さんに喜ばれる店員になったのです。
でも、閉店してしまうことになりました。

望みがあった手術をしたが、結局は聞こえることができなかった。
そのときは、想像できないくらいの悲しみがあったことでしょう。

ある人とのきっかけがあり、ホステスの世界へ入った。

お客さんとの会話で、お客さんが、理恵ちゃんの年齢をきくときに、ペンを渡した。
筆談ホステスが誕生する瞬間であった。

なんでもいいから一番になれば、耳がきこえなくても、みんなが認めてくれる。
母親から言われてきた言葉である。

その母親や兄からは、ホステスを続けることを反対されていた。

しかし、その反対を押し切り、銀座でナンバーワンの筆談ホステス
をめざし、青森から銀座へ旅立つのでした。

そして、彼女の書く言葉は、ただの筆談ではなかった。
彼女の書く文字には心を動かされ、人を助けることさえもできるのであった。
そしてついに、斎藤理恵は、銀座No1、つまり日本一のホステスになることが
できたのです。

筆談ホステス67の愛言葉




2010年01月10日 テレビの話題 トラックバック:0 コメント:0

<< 背伸びダイエット おもいっきりDON | 気になる話題・注目の商品・趣味に興味ありTOP | ロンブー淳が安室奈美恵ちゃんとの交際認めた >>












管理者にだけ公開する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。