気になる話題・注目の商品・趣味に興味ありTOP ⇒ スポンサー広告 ⇒ 亀田大毅選手のサミングという反則行為とは 気になる話題・注目の商品・趣味に興味ありTOP ⇒ 亀田 ⇒ 亀田大毅選手のサミングという反則行為とは

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 スポンサー広告 トラックバック:- コメント:-

亀田大毅選手のサミングという反則行為とは

亀田大毅選手が行っていた反則行為のサミングが注目
されていますね。

このサミングとは何なのでしょうか?サミングとは、親指
を突き立てて目を狙っていく行為のこと。

サムはThumb(親指)からきています。今のグローブは
サミングできないように親指のところが縫い付けてあります。

しかし、今回の亀田大毅選手がおこなったものは、レフリー
が見えない角度から、内藤選手の目をぐりぐりと狙って
サミングを行っていたのです。

内藤選手の目が以前と腫れているのは、亀田大毅選手の
パンチがあたったというよりは、このサミングが原因で
腫れているのである。

この行為が繰り返されると、網膜はく離や目が見えなく
なる可能性もあるのです。

そのため選手生命の危機にも追いやられる危険性もある
ものを、亀田大毅選手は平然と内藤選手に繰り返してい
たのです。

2007年10月19日 亀田 トラックバック:0 コメント:0

<< 亀田史朗氏の謝罪会見で納得できないところ | 気になる話題・注目の商品・趣味に興味ありTOP | 亀田大樹氏の反則行為ってどんだけー? >>












管理者にだけ公開する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。